過払い金請求をすればブラックリストに載ってしまう?

過去に借金を抱えていた経験がある人、もしくは今も借金を返済している人にとって過払い金というのは
知らず知らずのうちに貯めていた貯金のようなちょっとしたボーナスという位置づけになるかもしれませんね。

 

借金をしていた経験があるから過払い金が必ず発生している、というわけではありませんが、
グレーゾーン金利の時代に借金をしていた場合過払い金が発生している可能性は高くなります。

 

 

具体的な金額については借りていた金額や、返済の仕方など個人によって変わってくるので金融業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をすれば比較的簡単に過払い金の有無がわかります。

 

自分でやるのは面倒という人は弁護士や司法書士といった専門家に依頼するのも一つの手ですね。

 

過払い金は元はと言えば本来払わなくていいのに払っていた自分のお金を取り戻すだけのものなので当然と言えば当然の権利、というかお金なのですが、いきなりまとまったお金が申請をするだけで手に入る感覚なので怪しいと思っている人もいるようです。

 

 

そう思うとネガティブな情報を探したくなるのが人間でもあるので、
過払い金請求に何か裏や罠があるのではないかと調べたりした人もいることでしょう。

 

そうやって過払い金請求について調べているとよく出てくるのが当サイトで取り上げている
過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう」という話です。

 

 

多くの人がわかっていると思いますがブラックリストについて簡単に説明すると
金融業者が契約の際などに確認する信用情報機関の個人信用情報に事故情報が記載されている状態です。
事故情報が記載されてしまうとどんなデメリットがあるかと言えばクレジットカードが持てなかったり、
新たに借り入れができなくなったり、ローンが組めなくなったりという不都合が発生します。

 

 

確かにブラックリストに載ってしまうとこのようなデメリットが生じてしまうので
もし仮に過払い金請求をしてブラックリストに載ってしまうようなら躊躇してしまいますよね。

 

では実際のところはどうなのかと言えば過払い金請求でもブラックリストに載ってしまうケースと
そうでないケースがあるということが調べているうちに判明しました。


過払い金請求でブラックリストに載ってしまうパターンとそうでないパターン

過払い金請求でブラックリストに載ってしまうパターンとそうでないパターンでは何が違うかというと
請求をする時の借金の状況によって変わってくるということです。

 

 

まず、ブラックリストに載らないパターンとしてはすでに借金を完済している場合です。
過去に借金をしていてすでに完済している貸金業者に過払い金請求をするケースですね。

 

なのでこの場合は特にデメリットはないと言えるので過払い金請求をしないのはただの損です。

 

いろいろ調べていると平成22年より前はこのようなケースの過払い金請求でも個人信用情報に
「契約見直し」という事故情報のコードが記載されていたようですが、過払い金の発生する理屈を
考えるとそれで事故扱いになるのはおかしいということでこのコードはなくなったようです。
これも当然と言えば当然なのですが、こういったことが過去にあったという点から過払い金請求を
するとブラックリストに登録されてしまうと思っている人が多いのだろうと思います。

 

では、ブラックリストに載ってしまうパターンはどういうものかというと上記とは逆に
現在も借金を返済している貸金業者に対して過払い金請求を行うケースです。

 

 

これは、同じ過払い金請求でも債務整理の中の任意整理の一環としての過払い金請求となります。
ここはややこしいのですが、まだ返済途中で過払い金請求をするとその時点で事故情報が登録されてしまうのです。

 

 

例えば、過払い金が発生していて、そのお金が戻ってくれば返済中の借金を完済できるようなケースでも
返済途中で過払い金請求をすればその時点で事故情報が登録されてしまうことになります。

 

なので過払い金があれば借金が完済できる、でもブラックリストに載りたくないという場合は
一時的に誰かに立て替えてもらうなどして完済してから過払い金請求をするといいでしょう。

 

 

これも理屈を考えるとおかしな話ですよね。

 

調べた中にはそのような状況で仮にブラックリストに載ってもその情報を消すことができると
いうような体験談もありましたが、そもそも個人信用情報自体が公的なものではなく民間団体が
運営しているものなのでちょっと曖昧な点も残っているというのが現状です。

 

そういったことも考えるとやはりブラックリストに載りたくない場合は
借金は完済した状態で過払い金請求をするというのがベストな選択かと思います。

過払い金請求を専門家に依頼するなら

過払い金請求は自分でもそれなりに勉強をすればできる手続きです。
しかし、当然手間もかかってしまいますし場合によっては裁判になることもあります。

 

そこで弁護士や司法書士といった専門家に依頼したいと思っている人も多いでしょう。
実際専門家に依頼をすることで返還までスピーディーに進めることができたり、
発生している過払い金をキッチリ取り戻すことができるというケースが多いです。

 

しかし、専門家と言っても無数にありますし、なんでもかんでもこの事務所がいいというものではなく
その事務所が得意としている案件やあなた自身の状況も専門家選びには影響してきます。

 

 

ブラックリストに載らない既に完済済みの過払い金請求ならアヴァンス法務事務所です。
大手で安心というのももちろんですが過払い金の成功報酬が16%〜18%と他と比較して安く設定されています。

 

 

アヴァンス法務事務所の過払い金請求の詳細情報はコチラ>>>

 

 

まだ返済中で、ブラックリストに載ってもいいから過払い金請求で借金を減らしたい場合は
任意整理となるのでその場合は任意整理に強い弁護士法人F&Sがいいでしょう。
債務者に有利となる和解交渉や周囲にバレることなく進めてくれる配慮なども評判がいいです。

 

弁護士法人F&Sの任意整理の詳細情報はコチラ>>>

 

 

過払い金請求だけじゃなくとにかく借金を減らしたい、なんとかしたいという場合は
任意整理、個人再生、自己破産を視野に入れ、地域、債務件数、住宅ローンの有無など
あなたの状況に応じた借金減額シミュレーターと法律事務所を比較することができる街角法律相談所がいいでしょう。

 

債務整理を前提としたあなたにピッタリな事務所を探したい方はコチラ>>>

 

 

借金問題を抱えていると誰かにそれを打ち明けることができずに一人で悩みを抱えている人も多いでしょう。
しかし、一人で悩んでいても解決することは簡単ではありません。
専門家に相談をすれば自分が思っているよりも借金をなんとかする方法が見つかる確率が高まりますよ。

過払い金請求でブラックリストに載ってしまう期間はどれぐらい?

過払い金請求をすると場合によってはブラックリストとして信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことはすでにご紹介してきた通りですが、ではもしブラックリストに掲載されてしまったとしてその期間はどれぐらいになるのでしょうか?

 

 

過払い金請求でブラックリストに掲載された場合、約5年間はそのままになります。
つまり、5年間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりできなくなります。
過払い金請求でブラックリストに掲載されるケースは返済中の借金の過払い金請求で発生した過払い金で借金の残債が返済できなかった場合でそれは任意整理の扱いとなります。

 

 

この5年間がいつからカウントされるかは信用情報期間に登録された段階となりますが、概ね過払い金請求を行って和解に至るまでの期間となるでしょう。

 

正確にいつブラックリストに登録されたのか?を確認するためには信用情報機関に自らの信用情報の開示請求をすれば知ることができます。信用情報の開示請求自体は難しい手続きではありませんが、手数料が必要になります。

 

 

また、5年間経ったからと言って確実にブラックリストではなくなるわけではありません。
あくまでも5年が目安であって削除されるタイミングは各信用情報機関によって異なります。

 

 

そしてブラックリストの情報が削除されたとしても今度は逆にスーパーホワイトという信用情報に何も情報がない不自然な状態になってしまいます。20歳前後ならまだしも、30歳を超えてスーパーホワイトの状態だと反対に金融機関からは怪しまれてしまうのでクレジットカードを作るにしてもローンを組むにしてももう少し時間はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

ちなみにスーパーホワイトの状態を脱するためには携帯電話の分割払いなどが便利です。
過払い金請求のみでブラックリストに登録されることはありませんが、残債がある場合の過払い金請求は上記のようなデメリットも含んでいますので取引履歴から過払い金の金額を正確に算出する、専門家に相談するなどして計画的に行うことをオススメします。

 

 

ブラックリストに掲載されることを恐れて過払い金請求やその他の債務整理の手段を避ける方もいますが、借金の返済が3ヶ月遅れればその時点でブラックリストに掲載されることになりますし、借金問題を抜け出すために5年以上かかるならブラックリストに掲載されても大したデメリットは感じない方のほうが多いのではないでしょうか?


更新履歴