過払い金が戻ってくるまでの期間について

過払い金請求をしようと検討中の人が気になることの一つに請求をしてから
実際にお金が戻ってくるまでにはどれぐらいの期間がかかるのか?と疑問に思っている人もいるでしょう。

 

 

しかし、一概に過払い金請求から〜日で戻ってくると断言することはできません。
なぜなら個々の状況やどのように過払い金請求をするかによって変わってくるからです。

 

 

では、どのような状況が過払い金が戻ってくるまでの期間に影響を与えるのでしょうか?
最初の分岐点となるのが過払い金請求を自分でするか、弁護士もしくは司法書士に任せるかです。

 

 

自分で過払い金請求をする場合、まずどうやってすればいいのか調べるところから始まります。
そんなに難しいことではありませんが、引き直し計算だったり取引履歴の請求だったりとやることは多いです。

 

 

また、貸金業者がすんなりと過払い金を返還してくれればいいのですが場合によっては訴訟を起こさなければいけません。
そうなった場合には訴状を作成したりなど法律に関する勉強もしなくてはいけなくなります。

 

 

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼する場合はよっぽどその事務所に依頼が殺到して手が回らないというような
状況でなければ請求まではスムーズに行ってくれますし、もし訴訟となった際も対応してくれます。

 

 

そういったことを考えると弁護士や司法書士に依頼したほうが過払い金が戻ってくる期間は短いと言えるでしょう。

 

 

貸金業者側がどのような対応を取ってくるかも過払い金が戻ってくるまでの期間に影響します。
大手など資金に余裕のある貸金業者の場合は過払い金請求をすると比較的早く返還業務を行ってくれますが、
余裕のない貸金業者の場合過払い金請求をしてもなかなかお金を支払ってくれないということも起こります。

 

 

以上のことを踏まえてスムーズに過払い金が戻ってきたことを考えると返還までの期間は6ヶ月程度が目安となります。
訴訟となってしまった場合には戻ってくるまで1年程度はかかると思っていたほうがいいでしょう。

 

 

できるだけ早く過払い金を返還してほしいと考えているなら弁護士や司法書士といった専門家に任せるのがいいでしょう。