過払い金請求の意味とその方法について

過払い金請求とは、消費者金融などで返済時に払い過ぎた利息を取り返す請求を行うことです。
過去に消費者金融や信販会社のカードキャッシングにおいては、その金利についてグレーゾーン金利と言われる金利が適用されていました。

 

これは利息制限法の金利の上限と貸金法の金利の上限が異なっていたために、消費者金融や信販会社のカードキャッシングにおいては貸金法の金利に基づく金利が設定されていたことによるものです。

 

しかし、その後法改正が行われ、消費者金融や信販会社のカードキャッシングにおいては利息制限法の金利上限による制限が規定されたことと、グレーゾーン金利により返済されたうちの利息制限法の金利上限を超える部分については返還請求を行うことで返還されるという規定が加えられ、過払い金請求が行われるようになりました。

 

 

過払い金請求を行うには、金利を払いすぎているという法的な証明が必要であり、また法的根拠を持った交渉が必要になることが多いため、法律に精通した弁護士もしくは司法書士などの力が必要になることが多いものです。

 

 

基本的には利息を払いすぎているという法的根拠を示す文書があれば過払いである事実は成り立ちますが、相手によっては自己の財源不足や、契約期間、契約内容などを盾に返還を拒まれる場合も有るため、非常に交渉が難航することが多く、この場合は相手の言い分を切り崩す法的な知識も必要になります

 

その上交渉に費やす時間も長くかかるため、会社勤めをしているサラリーマンなどではその荷が非常に重く、交渉も代わりにやってくれる弁護士がいると心強いものです。

 

 

>>>過払い金請求とブラックリストの関係についてはコチラ<<<