過払い金請求は完済後?返済中?

支払い過ぎていた利息を取り返すことができるのが過払い金請求です。
ここでは簡単に説明しますが、過払い金が発生している可能性が高いケースとしては
18%以上の利息を長期間に渡って支払っていたというパターンです。

 

このページでは過払い金があると仮定して、その請求は借金を全て返済し終えた完済後にするべきか、
それとも返済中にしても大丈夫なのかという点について紹介したいと思います。

 

 

まず、過払い金請求は完済後に行うというのが一般的です。
なぜかというと返済中に過払い金請求を行った場合、過払い金が返還されて借金が減ったとしても
場合によっては信用情報に事故と記載される、いわゆるブラックリストとなってしまう可能性があるからです。

 

 

ただ取引履歴を請求して引き直し計算を行い、借金が0になった上にさらに過払い金が戻ってくるような
状況であれば信用情報に傷が付くということはありません。

 

 

このあたりは個人の取引情報によってことなってくるのですが、借金を返済中の過払い金請求が
ブラックリストになってしまう可能性がある一方で完済後であればその可能性は全くないということで
一般的には過払い金請求は完済後に行うのがいいと言われています。

 

 

しかし、返済中でも多重債務などを理由に債務整理をするとすでに決めている場合や催促や取り立ての
連絡に困っているような場合(借金を返済することがすでに困難な場合)には返済中であろうと
ブラックリストになろうと過払い金請求を行ったほうがいいケースもあります。

 

 

ちなみにブラックリストと言われる状況になるとクレジットカードが作れない、ローンが組めないという
状況が数年間続いてしまうのでできれば避けたいという人が多いですね。

 

 

完済後の過払い金請求ができる期間は、「最後の取引があった日から10年経過するまで」となっています。

 

 

返済中の過払い金請求は個人の状況に応じて対応の仕方が変わってくるので専門家にお任せしましょう。
完済後にする場合でも手間はもちろん、戻ってくる金額も変わってくることがあるので専門家に任せたほうが安心です。

 

⇒過払い金請求をするとブラックリストに載る?