債務整理専門家の選び方

自己破産などの債務整理には、多くの準備と手続きが必要になります。
そのため、個人で行うとすると、たいへんな手間と苦労が伴ってしまい、不備を繰り返して、結局整理に失敗することも多々あります。そうならないためには、はじめから専門家に依頼することが重要といえます。

 

 

債務整理の専門家といっても、つまりは法律のプロに頼むということになります。法律に詳しい職種といえば弁護士ですが、日本の法律が多岐にわたるように、弁護士が得意とするジャンルも、その人ごとに大きく異なっていきます。刑事裁判が得意な弁護士もいますし、離婚訴訟に強いところもあります。

 

 

もし、こうした弁護士に債務整理を頼んでも、断られることはまれですが、慣れない分野だけに遅々として進まなかったり、満足行く結果が出なかったということも、起こりかねません。やはり、最低限でも弁護士事務所に債務整理を謳っているところを選ぶべきですし、きちんと実績のある大手を選べば、より安心です。とくに法テラスを利用する際には、担当の弁護士が債務に詳しいとは限りませんので、相手の普段の業務内容をよく確認するようにしましょう。

 

過払い金請求の費用が安い専門家はコチラの記事で紹介しています。

 

 

また、近年では司法書士も債務整理の業務を行うようになってきました。注意したいのは、弁護士と司法書士では、担当できる範囲に違いがあることです。たとえば自己破産の場合は、司法書士が行えるのは、申立書の作成までです。一方、弁護士は依頼者の代理人として申し立てを行うことができます。法律の専門家に依頼するときには、こうした違いを念頭に置くことが大切です。債務整理を行って生活を再建するために、まずは専門家である弁護士や司法書士に相談して、適切な計画を立てていきましょう。

 

司法書士と弁護士の違いについてもっと詳しく知りたい方はコチラ