過払い金請求における司法書士と弁護士の違い

自分ではなく専門家に過払い金請求を依頼しようと思っている人は多いでしょう。
過払い金請求を代行してくれる専門家と言えば司法書士と弁護士です。

 

 

過払い金請求がある意味ブームのようになってからこれらの手続きを代行してくれる
司法書士や弁護士が増えてきていますが単純にどのような違いがあるでしょうか?

 

 

過払い金請求においては大きく分けて二つの違いがどちらを選ぶかの重要な要素になります。
まず一つめは代理人になれるかどうかという点です。

 

 

過払い金請求の過程においては和解が成立することもありますが場合によっては訴訟に発展することもあります。
このような時に弁護士に依頼している場合は弁護士があなたの代理人となって進めてくれるので
簡単に言えばあなたのすることはほとんど増えることはありません。

 

しかし、司法書士の場合は訴訟の目的や価額、紛争の目的の価額が140万円以下でなければ代理人になれません。
簡単に言い換えれば簡易裁判所で扱うことができる事件のみということですね。

 

なのでこの点については過払い金の請求金額の大小によって判断するという見方ができます。

 

 

もう一つは費用の面です。
基本的には弁護士費用や司法書士の費用というのはある程度の範囲の中で自由化されているので
それぞれの事務所によっても変わりますが一般的に司法書士のほうが費用は安く済むと言われています。

 

しかし、絶対ではありませんし過払い金請求に限って言えば安く対応してくれる弁護士事務所もあるので
あくまでもイメージだけ持って実際に依頼する場合はしっかりと比較検討することが重要です。

 

 

このような二つの違いがありますが、決定的なのは過払い金が140万円を超える請求の場合で
専門家に依頼するようなケースでは弁護士に頼んだほうが間違いなく安心できるでしょう。

 

 

費用がいくらかかるのか?というのも重要と言えば重要なのですがそれよりも最近は過払い金を着服するような
専門家もいるとニュースで取り上げられているぐらいなので安心第一で選ぶことをオススメします。

 

そのためには実際に無料相談や面談などで会ってしっかり話をするようにしましょう。
この点を面倒に感じる人もいますが、実際に悪徳な専門家がいる以上は面倒でもしっかりと選びましょう。