取引履歴が送ってもらえない

過去の借金で発生していた過払い金請求をするために重要なのが自らの取引履歴です。
取引履歴があれば今はインターネットで引き直し計算ができる無料でできるソフトがあるので
自分のケースでいくらの過払い金が発生しているのかを具体的に知ることができます。

 

 

なので過払い金請求のスタートはまずこの取引履歴の請求から始まります。
しかし、貸金業者からすると過払い金を請求されることはただのマイナスにしかなりません。

 

 

それが倫理的にどうかということは置いといてできるなら払いたくないのが本音です。
シレ〜っと黙ったまま時効の10年が経過してくれないかぐらいに思っているでしょう。

 

 

取引履歴の請求というのは貸金業者にとってはこれから過払い金請求しますよというメッセージのようなものです。
そういうこともあって中にはいろいろな理由を付けて取引履歴を送ってくれなかったり、送ってきても
一部の期間のものだけしか開示しないという業者もあります。

 

 

もちろん基本的には何に使うのかなどを聞かれる程度できちんと開示してくれる業者のほうが多いのですが。
もし、取引履歴を素直に開示してこない貸金業者が含まれていると面倒なことになります。

 

 

特に自分で過払い金請求をしようと考えている時にこのようなことが起こるとさらに手間がかかることになります。
そんな時には自分で過払い金請求をすることを諦めて専門家に依頼をしたほうがスピーディーです。

 

 

当たり前ですが個人への対応と専門家への対応ではそういった貸金業者は特に態度が変わってきます。
仮に本当に取引履歴の一部しか残っていないような場合でも有利に和解交渉を進めることができるでしょう。

 

 

スムーズに対応してくれる貸金業者ばかりであれば自分で過払い金請求をしたほうがメリットが大きいかもしれませんが、
全ての業者が同じように対応してくれるとは限りません。

 

 

そういう意味では過払い金請求をしたい業者が複数ある場合は専門家に依頼することを検討してもいいかもしれませんね。
取引履歴を送ってもらえないからと言って諦めるのではなく毅然とした態度で応じたいものです。